My Home Town Jug Band

マイホームタウンジャグバンド


● 11月8日 午前10:45ごろ 横須賀市社会福祉会館にて

  第15回横須賀三浦地区「ふれあい広場」にて40分演奏します。

  是非おいでください。


 まち

981031 by mikio
 
目を閉じると 山々の谷に
白い雲が 上っていく
少女の頃 感じた気持ち
今も心で 生きている
 
魚屋さんからもらってきた
青い色の ビニールだるに
連れ合いが植えた 白い花が
いとおしく 水をやる
(ref) ものわすれはふえたし
階段にもつまづく
人には死にたいよと いうけれど
いつまでも 住みたい町に
いつまでも 暮らしたい
 
 
すぐ近くの コンビニで
今日食べる分を 買ってくる
路地で出会った 三毛猫に
少しだけ お裾分け
 
小学校の お祭りで
お手玉を 教えてから
赤いランドセルが ぴょこんと
おじぎするのが かわいくて
 
ref

 

みなさんおいでいただきありがとうございます。


楽器の説明

左から

洗濯板:ドラムの代わりです。

バンジョー:カントリーウエスタンとかブルーグラスに使われています。

ギター

フラットマンドリン

タブベース:ベースの代わりです。

フィドル:バイオリンのことです。ちょっと弾き方が違います。


ジャグバンドとは、

   1920年頃アメリカの南部で行われたスタイルです。

   ブルースから、ジャズに移るちょうど転換期に、

   ギターバンジョーマンドリンフィドルとあわせ

   ドラムの代わりに洗濯板やスプーンをかき鳴らし、

   ベースの代わりにかなだらいにワイヤーを張ったタブベース

   口にはハーモニカか、トランペットの代わりにパラフィン紙のカズー

   そして、チューバの代わりに塩素瓶を吹いて、演奏しました。

   日本では、坊屋三郎がコミックバンドのスタイルで紹介していましたが、

   アメリカではガスキャノンジャグストンパーズのようなブルースに始まって

   近くではジムクエスキンジャグバンド、ニッティグリッティダートバンド

   ナッシュビルジャグバンドなどがあります。

   日本では、田舎芝居というのが有名でした。また憂歌団も一時期このスタイルを

   とっていました。またマイク真木もやっていましたが、ちょっとカントリーでした。

   幻といえば、アンクルムーニーです。

日本晴れレコーズTHE JUG BAND Uncle Mooney <JCUR-022(\2500)>

私のウオッシュボード、バンジョーも聞けますよ。

   現在では、マッドワーズが有名です。

 

ホーム